忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02/26大根
難航していたイラストがやっと描け、
月一回の連載原稿を入稿し終えました。
こういう時は、とても清々しい気分。
今日は、ちょっとゆったりしたい〜

天気も回復し、洗濯&掃除もして、
その合間に、blog用の写真も撮れたし、
おでんを煮て、大根皮のキンピラも作り、
白菜を漬け、昨日漬けたカブは甘酢漬けに。
あれっ、結局こまごまと動き回ってますね、私ったら〜
PR
02/22空
善くも悪くも人は変わる、、、
昔、年上の方から教わった言葉です。

長く知っている人が、最近変なのです。
穏やかでヒューマンな人柄と思っていたのに、
電話しても言葉は刺々しく、とても面倒そうで
私も引き気味になり、早々に話を切り上げました。

近い人に聞けば、だいぶ前から兆候があったとか。
ええっ、そうなの、私が知らなかっただけ!?
でもなぜそんなふうに、という疑問がつのって、
いろいろ憶測はできても、信じられない気持ちが残り、
本人には聞けないまま、心の中の波が、なかなか消えません。

02/20白と赤の花
とっても安くて、便利なお店。
でもチラシとレシートでお値段が!?
「家で見たら、違ってるんですが、、、」
申し訳ないと何度も謝ってくださって、
今度行った時に、精算してくださるそうな〜

たった18円のことなのだけれど、
お店の信用は、何乗もになっていく出来事だと私は思うのです。
最近のそのお店のヒットは100円の靴下で、差し上げた人が皆、
「やわらかくて温かい〜」と、ファンになり、追加注文?されるほど。
なんの飾り気もないけれど、贔屓にしたくなるお店のひとつです。
02/14逆光の葉
幼な友達の部屋の本棚、
祖父の船のペンキのはげたところ
好きだった男の子のシャレたシャツ
前夫とマイカーで走った道にあるレストラン
仲間と一緒に住んでいた洋館の、古びた物干場
息子が使っていたパステル色の木のおもちゃ、、、

写真に撮っていない光景が、脳裏にきれいに焼付いていて、
時々急にページがパラパラとめくられ、胸のなかに再生されます。
思い出の中にしかない画像は、私の心を不思議な懐かしさで疼かせます。
02/08水仙
物を食べてる方は後で読んで下さい。

3日くらい前から、親知らずが痛くなり
いつもの歯医者さんへ通っていますが、
処方された抗生物質の副作用で下痢が始まり、
昨日、お薬を変えて頂きました。

2年前から何回も飲み、当初はなんともなくて、
段々 が柔らかくなり、先回も後半が下痢気味で
今回は一回飲んだら即、翌朝からPです。
薬剤師の方によると、これはアレルギーで、
身体の中に蓄積されて、症状が出て来ているとか。

今朝は遂に水でした。胃腸風邪が治ったところなのに、、ああ、またお粥生活です。
もう笑うしかない、正に だり蹴ったり〜
02/05水仙
あの苦しさの後では、どんなことでも喜べます。
夫と、くだらないことで、久し振りにもめ、
「私ら、喧嘩してるぅ〜〜」とハグしあい、
普通に暮せるありがたさを実感しました。

今日も無事で、一緒に寝られるだけでいい、、、
この小さな幸せは、沢山の時間と出来事の後で
やっと訪れる、貴重な「ごほうび」だと思うのです。
これでまた、2人の歴史に1ページが加わりました。
02/02セダムと黄色い花
現時点で、わかったことは、
22日の下痢・嘔吐・過呼吸は感染症に
よるもので、パニック患者はよけいに
激しくなる傾向があるとのこと。
その後の症状は、薬の副作用の可能性が大きく、
時間とともに軽減するはずであること。

23日の診察時の「もしかして感染症?」というK先生の言葉は、
その後の経過から、正しかったのです。
久し振りの抗鬱剤に、ふらふらすると言ったときも
「もう必要ないと思いますけどねぇ」と言われたのに、
不安から飲んでしまった私が、結果として愚かでした。

2人の内科医と2人の精神科医と、薬剤師と夫/各1名を巻き込んで
私の「生涯ベスト3入りの苦しい日々」は、終結に向っています。
この経験は、今後の為にも忘れないでいようと思います。
01/27観音竹
久しぶりに飲んだ抗鬱剤の副作用なのか
かつて経験したことのない症状が出て、
この数日は、まさに地獄の苦しみなのです。
あれほど苦しいパ発作よりも(慣れもある?)
比べもにならない、耐え難い感じなのです。
01/24アーチ
22日の夜に、かつてない大発作が起き、
夫はおろおろして、救急車を呼ぶと言い出し、
苦しい息で「パ発作だから頼むからやめて〜」
(病院に付いた頃には治まり、帰るのが大変)
予想どうり、ピークは30分で過ぎました。
01/21青空の窓
2年前の記事に書いた人と、再会しました。
たまにしかその場所は通らないけど、
最近見ないなーと思っていたら、
看板を無くしたせいで、目立たなくなって
私のほうが、 で通り過ぎていたのかも。
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]