忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10/01綿菓子雲
「あらっ、どちらにお出かけ?」
よくかけられるこの言葉、昔は真に受けて
「銀行に用事があって」と正直に返事し
「沢山預けてある人はいいわネ」なんて言われ
なんだか半分嫌味のようで、困惑してました。

それが、この歳になると、おそロシヤァ〜〜
「どんどん下ろして、使い切って 死ぬのよー」と
相手の興味を超越して、笑って言い放ちます。 (相手の笑顔が引きつる〜)

ホントは「ちょっと、そこまで」 で、いいんですけどねェ〜
(でもこれだけを言い続けると「愛想なし 」になるらしい )
PR
09/2/ざくろ
シングルの夏布団に薄い上掛けでは心細くなり、
数日前から、ダブルの羽根布団を出しました。
各々に調節できたこれまでと違って、
二人一緒に、一枚を共有するわけで、、、

夫は人肌恋しい頃と、ちょっと嬉しそうだけど、
彼は寝返りを打つ時に、布団を巻き込む癖があり、私は受難の季節の始まり。
寒くて「布団!」と言うと、さっと戻してはくれるものの、
夫もくっ付いてきて、からまれると重いので「布団だけ!」とオーダー追加。
「ずっとWで」と誓った新(再)婚時代は、私はもっと可愛い女だったらしい。。。
09/27うろこ雲
朝食の時に飲んでいる「きな粉牛乳」が
小さなコップとはいえ、ちょっと寒々してきて、
でも が、とっくにホットになっていて
これもホットにすると、2杯もって感じが。

それで試したのが、きな粉ホットコーヒー。
味はイマイチだし混ざらないし、牛乳ナシになってしまうし、、、
去年はどうしていたんだろう? きな粉カフェオレ??
んも〜、全然思い出せないけど、やっぱり とは別に、
きな粉牛乳もホットにして、 2個並べてたのかしらん
09/25午後の植物
TV番組では、難病と闘って亡くなった方や
家族の苦悩などが、よく紹介されます。
その現実ではなく、扱い方や表現が、いかにも
さぁ泣きなさいという「作り」になっていると、
私は耐えられなくて、チャンネルを変えます。

常に日常の中にある死が、ある時誰かに訪れる、、、
その当然さと重さのバランスの、大切な部分が欠けていて、
悲しめ、同情しろと、脅迫するかのような展開が続くと、
これは何かが違うだろうと、心が痛くなってくるのです。
09/23むくげ
もしかして? やっぱり母親が!
口に出せなかった不安が的中して、
今朝の新聞記事から、彼女の孤独と
閉塞感が、ひしひしと伝わってきました。
福祉施設、PTA、学童保育、地域行事、
ためらいながらも、いろいろ行動していたのに
追い詰められていく様子が、見えました。

こういうお子さんが周りにいた時に、
本当に暖かい手を差し伸べる人が、どれだけいるでしょうか。
このお母さんには、心から頼れる人がいなかった、、、
最後に「HELP!」と、叫ぶ相手さえも。
09/21葉と空
人を嫌いになると、心に津波が押し寄せます。
長い間、耐えていたことが、一気に吹き出し
それまでの小心な自分に、怒りさえ憶え、
最後には、許容できないことに落胆します。

「御縁の無かった人」だと考えて、少し救われ、
「私はお相手できる器ではなかった」と、身の程を知ります。

でも、嫌いになるとういうことは、実はとても苦しいことです。
もう会うことのない人でさえ、思い出しては嫌いなところを反すうし、、、
それは、完全に無関心にはなれない「砕けた愛情」のかけら?
いつしか「嫌い」も消えるまで、思う存分悩むしかないのでしょう。
相手への最後の礼儀として、時間が心を切り離してくれるまで〜

大事にとってある未開封 のうちの1枚を、
(年に数回、バーゲンでまとめ買いする私〜)
「わお、2枚組だー!」と、嬉々として再生しました。
「凄ーい!」と、 スリル& サスペンスを
存分に楽しみ、たっぷり2時間以上が過ぎた頃、、、

トム・ハンクスが思い付いて、 ラインをたどり始め、
ルーブル美術館に行くあたりで、私の期待は最高潮に〜
すごい脚本だ、なんて込み入った伏線だったんだ!!
残りの一枚はどういう展開になるんだろう、ワクワク!
美術館の下を、掘っくり返すシーンはどうする! やっぱCG?

2枚目、それは続きではなく、、、特典盤でしたぁぁ〜    チャンチャン
09/18白花
自宅から、およそ1区くらいの距離しか、
外出していなかった私が、夫の介護?付で
15日に、4ヶ月ぶりで実家に行って来ました。

敬老の日のお祝いと、姪の出産祝いを届け、
2時間滞在、デパ地下も入れて全行程4時間余。

父母もなんとか現状維持だったし、赤ちゃんはとっても小さくて可愛かったし、
「こちらのことは、何も気にしなくていいよ」と、
兄夫婦が言ってくれ、それが何より嬉しい「収穫」でした。
役に立てない自分を、これで少しは許すことができそう〜
09/14穏やかな空
家なきおじさん二人が、鋪道の花壇の煉瓦を
椅子とテーブルがわりにして、カップ麺と
20円引きのシールのついたお稲荷さんを、
分け合って、楽し気にランチタイム中〜
「うまいなぁ、これ」という声が聞こえました。

いろいろな事情があって、今の生活に至ったのでしょうが、
失うものがなくなると、ある面では身軽になるのかも、、、
でも二人を見ていると、ランチ友達は、絶対いたほうがいいと思いました。
09/11藤花
飲料パックの上にジッとしているハエ。
寒いのか全然動かないので、ふと思い付き、
「何か叩くものないかしら?」と
同年代の店員さんを、連れて来ました。

しばらく凝視していた彼女、、、
突然、人さし指でピンと、ハエだけを弾いて床に落として手で拾い、驚く私に一言。
「ゴキブリ以外ならワタシ、素手でいけるんですよ」
こういう頼もしい人も、99円で売ってェ〜〜
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]