忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [384
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

09/25午後の植物
TV番組では、難病と闘って亡くなった方や
家族の苦悩などが、よく紹介されます。
その現実ではなく、扱い方や表現が、いかにも
さぁ泣きなさいという「作り」になっていると、
私は耐えられなくて、チャンネルを変えます。

常に日常の中にある死が、ある時誰かに訪れる、、、
その当然さと重さのバランスの、大切な部分が欠けていて、
悲しめ、同情しろと、脅迫するかのような展開が続くと、
これは何かが違うだろうと、心が痛くなってくるのです。
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
私もです。
子供が亡くなって以来、いやになりました。お涙ちょうだいのような気がして・・・
最強ドクターとか、いい面ばかり映して裏で泣いている人が何人いるか。。。
24時間テレビもいやになりました。テレビにでれるのはまだ恵まれているんだと思います。
言いたい放題すみません。
でんでん虫 URL 2008/09/26(Fri)12:37:38 edit
花ごころよりでんでん虫さんへ
どうぞどうぞ、心のうちをお書き下さい。

スタジオの芸能人がぼろぼろ泣いて、それをどんどん写す、、、そのパターンも、私が見たくなくなる要素です。本当に重い真実を受け止めると、涙も言葉も出ないほどに、心に鉛が入って来たような感覚が、ずっと後まで残るのではないでしょうか?

人は泣くと、涙と一緒にストレス物質が出て、スッキリするらしいのですが、その為に他人の不幸や耐え難い試練を、簡単に使っては、見せては、いけないと思うのです。
「こんなにかわいそうなのに、すごく頑張って、、、」感動した・勇気が湧いたと、決まり文句が出て来ると、なんだか悲しくなります。本当に親身に世話をし苦しみながら見送った者だけが、現実としての最後に「かわいそうだった」という言葉を使ってもいいのだと、私は思うのです。

人の生死に、どれだけの「尊厳」を持てるか、、、作り手の問題が大きいと思いますが、他人の例を見て、感じるものがあったのなら、せめてその場限りの涙や同情ではなく、考え方や後の行動が変わるくらいに、受け止めてほしいと願いたいのです。
【 2008/09/27 17:20 花ごころ 】
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]