忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01/28暗い雲
日曜日に夫と一緒に、私の実家に行きました。
母の誕生日前日でもあり、プレゼントは
ここ数年、バックや冬用の衣類だったので、
今回は、NHK/朝の連ドラ/テーマ曲集のCD。

持って行ったら、いくら母が目が見えないとは言え、
母が手に取る前に、父は「わしに見せろ、よこせ」を連発。
おまけに、さっさと自分の部屋で、母のラジカセでかけて、
「なんだ、歌があまり入っていないじゃないか」と、文句まで。
父が解説を読んでは、母に聞かせてやってくれればいいのに、
一緒に仲良く聞いてくれればなぁーという願いは、吹っ飛びました。

私が用意した昼食のお刺身も、これが一番大きいと、さっと皿をとり、
あとでまた、取り替えたりとまるで子供。誰の誕生日なんだろう〜

病院の認知症のテスト結果は、抜群にヨカッタと父は何度も自慢し、
その話自体が、本人だけの証言で、どうもあやしい、、、
と、このごろ疑い始めた私です。
認知症だということなら、まだ納得できるのですが、
最近の父の人格変貌、私には信じられない思いでいっぱい。。。。

以前より随分沈んでいる母の表情に、夫も気付いて、
「自分は絶対に、お父さんのようにはならないから。
 最後まで仲良く暮す自信があるよ」と私に言います。
「昔は、あんな人じゃなかったのに、、、 」と、
母が言うのだから、申し訳ないけど、先のことはわかりません。

今夜、この寒さの中、夫が元気でもどって来て、
一緒に仲良く私の作ったご飯が食べられたら、それで幸せ〜
そう思うのが、わたしの精一杯の、今日の人生の過ごし方。

実家に行く前夜と当日の朝、私の血圧が必ず上がるのですが、
顔は笑顔でも、身体は嘘をつかないと、感心してしまいます〜
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
サブタイトル
の「誰の・・・」で、だいたいの展開が推測できてしまう私って、
かなりの「花ごころさんマニア?」でしょう
せめて、花ごころさん ご夫妻の気持ちが、
お母様に 伝わっていることを
お祈りいたします。

eco URL 2008/01/28(Mon)21:24:40 edit
花ごころからecoさんへ
マニアックな書き込み、ありがとうございます。
今、私の心を一番悩ませているのは、父だなぁと思います。
母への心配も、それにくっついてくるだけ、、、
なんでも「自分」という傾向、これ以上あまり進まないよう
私も祈りたい気持ちでいっぱいです。
【 2008/01/29 06:28 花ごころ 】
スミマセン↑
「誰が・・・」でしたね
偉そうに「・・マニア」とは、いえませんねぇ
スミマセン

血圧 気をつけてください。
eco URL 2008/01/28(Mon)21:32:15 edit
花ごころからecoさんへ
いえいえ、ご立派なマニアですよ〜
私に似て、ちょっと、そそっかしいだけで、、、
以前血圧が高かったのは、パニック発作の影響とわかり、治療の過程で降圧剤を飲まなくてもよくなって正常になったのに、何かあると正直に反応するんですよー
ホント、おもしろいくらい!
【 2008/01/29 06:32 花ごころ 】
父の認知症
赤の他人が勝手な想像をしてはならないとは思いますが、父も認知症と診断される1年前から、性格が変貌し始めて、妹がかなりイライラしていました。それが認知症と診断されるまで1年かかってます。最初は「最近怒りやすくなったなー」って私も思っていたんですよ。
今思えば、それが始まりだったようです。当時はまさかそうだとは思っていなかったので、通院に付きそうこともなく、父が1人で病院に行き始めたのですが、やはり先生の言う事と本人の受け取り方が違っていたようで、妹が一緒に通院するようになって、やっと「あれ?」ってコトが判明するようになったのです。(通院に付きそうのもなかなかためらいがあって、そうなるまで時間が掛かってしまいました)

花ごころさんのお父様は認知症ではないのかもしれませんけど、そんなお話を聞くとちょっと心配です。
sake・・ 2008/01/28(Mon)21:54:53 edit
花ごころからsakeさんへ
「赤の他人」だなんて水臭い、、「ピンクの他人」くらい?
sakeさんがお父様のことをblogに書かれると、いつもとても参考になっています。この心のこもった書き込みも、ありがとうございます。

父も確かに、どんどん怒りっぽくなってきてます。パーキーソン病なので、認知症に移行する可能性は大きいとわかっており、最近はいよいよかと思うことが、たくさんあるのです。
こだわりの強さ、人への配慮のなさ、この頃は数字がまったく覚えられなくて、紙に書いた 番号を順番どうり押せないのです。
そんな自分に苛立って、機械が悪いとか、母に当たったリ、、、

少し前にNHK特集で見たのですが、時計を見ないで時計の絵を書くテストをすると、認知症の人は、とんでもない絵になってしまうのです。でも最近は、認知症の「進行を遅らせる」新薬も出ているので、もしそうなら、早く手当てしたいと思うのです。
効果があれば、本人もまわりも「とっても」楽になるはずで、父のプライドを傷つけないでいつもの病院、あるいは専門外来で診察してもらえるように、兄と相談しようと思っているんです。
皆が忘れかけている「本来の父」に少しでも戻ってくれるなら、こんな嬉しいことはないですからね。

またNHKの厚生文化事業団で、「軽度認知症」に関する冊子を送ってくれたり、これまで放送された番組のビデオを借りることもできるので、今後の参考にできそうです。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/ninchishou/#info
【 2008/01/29 16:48 花ごころ 】
お母様の
お誕生日に、お父様ったらCDに因縁つれちゃったなんてなんとも~~

お年のせいか、病気のせいか・・・微妙ですね。わが母もけっこう「きてる」ので、お気持ち察します。

一緒に居るお母様が、気分良く過ごせることを願うばかりですね。

血圧とは、花ごころさんもお大事に。
kaze 2008/01/29(Tue)10:10:17 edit
花ごころからkazeさんへ
私の血圧はとても素直で、実家から帰った途端に、ササッ〜と下がります。心配してくださって、ありがとうございます。

父がおかしな態度をとっても「俺は認知症のテストは合格している」というので、性格が変わってきていると解釈するしかなかったけれど、もし病気のせいなら、こちらも皆で、対処を学習しなければと思います。
上のレスで最後に記述したサイトを見て、「早期発見早期治療」の大切さを痛感して、さっそく本人も読める(読めて欲しい〜!!)冊子を請求(送料のみで無料)することにしたんです。
本人はもとより、まわりにいる家族もできるだけ、明るく暮せるよう、、、そんな私の願いが、神様に少しでも届きますよう〜
【 2008/01/30 12:52 花ごころ 】
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]