忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[348]  [347]  [346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

06/17空
物凄い規模の地滑り・崩落が見えて来て
この地震のせいとわかっていても、
火山性の灰が固まってできた地盤など、
地球の成り立ちを、思い知らされます。

避難所で、毛布や食料を配られて
「こんなふうにしてもらって幸せですよ」と に応えていたお婆さん、
神様、こんな謙虚な人をこれ以上、苦しめないであげてください。
でもこの人の心の中は、きっと穏やかなもので満ちているのでしょう。
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
毎年
各地でおきている地震・・・
ニュースで見聞きしては、昨年の中越沖地震を思い出し、重苦しい気持ちになります。
辛い状況でも感謝の気持ちを表現できるそのお婆さんは、素晴らしい人生を送られてきたのでしょうね。
お天気が悪くなり、雨が降りだしそうだとニュースで言っていましたが、2次災害がないことを祈るばかりです。
kaze 2008/06/17(Tue)10:17:20 edit
花ごころよりkazeさんへ
本当にここのところ地震が多いですねー
あの土砂に埋もれたままの被災者の方を、どうやって捜すのかと、途方もない作業と家族の苦しみを思って、余震や雨も心配な現状を、恨みたくなって来ます。

ところで少し前に、メールとiCardをお送りしたのですが、、、、
もしかして、届いていないのでしょうか?
【 2008/06/17 10:43 花ごころ 】
いつ
自分の周りで起こるかわからない災害。
ここのところ地震続きなので、余計に怖いです。
私が見たニュースではお婆さんが「もう戻ってこられるかどうか・・・」と寂しげに俯いていました。
人の人生が変わってしまう出来事なのだと再認識しました。
nori 2008/06/17(Tue)11:08:00 edit
花ごころよりnoriさんへ
いろいろなケースがありますよね。
長年住み慣れた家に帰れないのは、本当に辛いと思います。
新しいものに順応するには、ストレスも伴いますしね。
元のお家に戻って元の生活ができるのが一番しあわせなのに、
「有難い」と感謝していたあの方、、、忘れられません。
【 2008/06/17 14:35 花ごころ 】
明るい未来
・・・が、来ることを。。。

今回の帰省で、母の容態が急変して、動揺しているところに、この地震でした。
現地の方々の不安が、一日も早く解消されることを祈ります。
eco URL 2008/06/17(Tue)13:02:30 edit
花ごころよりecoさんへ
お母様は、いかがでしょうか? 御実家のほうは、地震の影響はなかったのですか。

人は人生でいろいろな苦しみ・悲しみうを背負うことが多いですね。闘病される方の御心中もはかりしれないものがあるけれど、きっと周りの暖かい気持ちは届いていると思います。

困っている時に手助けしてくれる味方、どんな人にもいたのなら、秋葉原の事件もなかったのかもしれない、、、、
毎日いろいろなことを考えさせられます。
【 2008/06/17 14:58 花ごころ 】
あれ?
メール、実は私もしたのですよ♪
返信がないなぁ~なんて、のん気にしていました。
花ごころさんのメールをはじいてしまったのかも
なにせ、怪しいメールがたくさん来ていたので、受信拒否設定したものの、大切な方からのまで拒否していた可能性大です!
スミマセンでした!!
今夜解除してみますね!!
kaze 2008/06/17(Tue)13:02:44 edit
花ごころよりkazeさんへ
やっぱり届いていなかったんですね!
それでは明日になったら、最初に頂いたメールのお返事を含めて、時系列で再送しますので、待っててくださいね。
ほんと、あの迷惑メール群には困り果てますよねー
私も一日 を開かないと、まず「大掃除」からです。
【 2008/06/17 15:10 花ごころ 】
人事ではないですよね。。。
これ以上、辛いことはおきないでほしいですね。自然の怖さも感じます。
四国のほうも人事ではないし、いつどうなるかわかりません。私なんて感謝の余裕なんてないです・・・きっと。
でんでん虫 URL 2008/06/18(Wed)16:08:04 edit
花ごころからでんでん虫さんへ
地震だけは、防ぎようがないので、いつ誰の身の上に起こるのかわかりませんものねー
そんな時に感謝のことばが言えるってことは、それまで歩まれた人生とお人柄が、滲み出ている気がしました。

見習いたいけど私も無理! 恐くて泣いてるかも〜〜
【 2008/06/19 12:25 花ごころ 】
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]