忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


パニック障害の治療を、近くにある大学病院系の
総合クリニックの精神科に変えようかと、
過去の病歴をまとめ、やっと昨日行ってきました。

それが、最初の総合受付で、妙な質問が、、、
「今日は■■教授の日ですが、インターネットか何かで、
■■教授をお知りになって、いらしたのですか?」

そんなに有名な方?

それも偶然というか、夫の会社から私に
初めて「特定健康審査(無料)」の案内が来て、
リスト中で、一番近い徒歩数分の病院がここだったのです。
ネットで検索したら精神科もあると知り、でも教授陣の氏名は載っておらず、
週2回という診療日を調べて来だけのた私は、、、「?? いいえ」と。

そして、受付後にもらった案内の、担当教授達の表を見て驚きました!
32年前に別の病院で、神経衰弱の私を診てくださった、
生涯初めて出会った精神科医の、●●先生のお名前が、、、
同性同名かもしれないけれど、看護士さんに伺ってみたら、
年齢も近いし、充分にあり得ることなのです。

「次回はその●●教授の日になさって、会ってみられて、
 違ってたら、また今日の担当の■■教授にもどるとか、
 いつでも、ご自分の自由になさっていいんですよ」
まぁ、なんて、有難いお言葉。。。

事前に初診の聞き取りをしてくれたカウンセラーの女性は、
blogにも書けないこと山盛りの私のレポートをめくりながら、
あまりの展開の激しさに「ええっ!」と、何度か絶句。
「こんなことがあって、よく今日まで、、、」と。
そう、私は、与えられた試練の中を生き抜くしかなかったのです。

初めて御会いした■■教授は、ラフな私服でとても気さく。
「ようこそ、いらっしゃい〜」(居酒屋か?!)

「これだけ自分でコントロールできているなら、大丈夫。
 波はあっても、良くなっているのは間違いありません。
 パニッック患者の70〜80%は完治するし、段々間が開いてきて、
 薬も不要になって、いつのまにか来なくなる人が多いんです」

「今日はあなたが最後だから、よかったらなんでも聞いて下さいよ」
と、しばしのおしゃべりタイムは、とても楽しくて、
普段使っている便秘薬等も、全部処方してくださいました。
総合内科に循環器の日があり、年一度のホルター検査(24時間心電図)も可。

帰って直ぐに「■■教授」をネット検索したら、専門書の他にも、
エッセイ?や、詩集まで出しておられるユニークな先生とわかり、
さっそくAmazonで購入手続きをしました。
(トップのAmason画像クリックで「なか見!検索」できます。
 ふたつ目の「しにはった」は、なんだか西原理恵子的〜)

こんな近くで、たくさんの希望が叶うなんて、夢のようです。
もしやの●●教授にも会いたいし、この■■教授も捨て難い魅力が、、、

なんて贅沢な選択なんでしょう〜、神様、どうもありがとう。
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
すご~い^^
すごいですね~~
気さくな教授いるんですね。。。

私もある人に自分のことを話すと、世界に名の知れた名医がいるからと精神科の大きな病院を紹介してくれました。がとってもおじいちゃん先生でした。ここに、そんな名医がいるのか?と思ったのですが、結局今は別の心療内科に通院。。。そのほうが、調子いいんだもん。
でんでん虫 URL 2008/07/06(Sun)02:35:12 edit
花ごころからでんでん虫さんへ
そうですよね、医師との相性 もあるし(特に精神科は)、
医師のほうにも得意分野があるでしょうし〜
「精神科医はなぜ精神を病むか」というような本もあるくらいで、なかなか大変なお仕事だとは思います。

普通の方は「精神科」と聞いただけで引き気味ですが、私は「心が折れそう〜」というときには、折れる前に駆け込みます。
今回も今までの内科の医師に「パニック障害は薬で改善されても、完治しない」と言われ「そんなことはないだろう〜 」と、セカンドオピニオンを求めた結果なんです。
前出の医師は、お友達でもあるんですが、最近ちょっと様子が変で、プライベートでいろいろあるのは知ってるけど、取り敢えず私自身を助けてからでないと、、、
今後、場合によっては、医療はこちらがメインになるかも〜
なにせ、嘘みたいに近いし、教授豪華!!
【 2008/07/07 10:52 花ごころ 】
縁!?
何かしらの運命か縁か、どちらにしろ良い先生と出合えたのはラッキーなことですね。
花ごころさんのパワーが引き寄せるのかしら?!
様々な巡り会いがハッピーな方向へ進みますように。
nori 2008/07/08(Tue)16:16:52 edit
花ごころよりnoriさんへ
何かに引っ張られているのか、引き寄せているのか、
多くの偶然が、私の運命を作ってくれます。

この先生の詩集が届いて読んでみたら、かなり難解でブッ飛んでいて、御会いした時とは別の面を見るような気がしました。
文学作品になじみのない夫は、この先生こそ治療しなくても大丈夫なのかーって、言ってましたが、、、
たった2行の、お子さんが言われた言葉の詩は、心底ドキリとさせられました。
私の「会うべきして会った人のリスト」に、これから入ってくださる方なのかもしれません。
【 2008/07/08 17:27 花ごころ 】
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]