忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02/232つの雲
先日の、朝方の軽いパ発作後、(2/20記事)
更に事件は「食卓」で起こりました!

夫「薬局で『救○』を買って飲んだら?」
私「えっ?!」
夫「だって、動悸にいいってTVで」
私「私の病気、、、、、知ってるよね?」
夫「知ってるけど、薬を飲んでも発作や動悸がまだあるなら」
私「完全に発作を押えた状態から、徐々に薬を減らしてるから
  どうしても時々は起こっても、しょうがないんだよ。
  それに有難いけど、この『救○』の話、3回目なんだけど〜」

あなたのほうが危ないのか??

「救○」を、私と同じ病気の人が飲んでいて
とても調子が良いそうだとか、そういう話ならまだしも、
何も調べず、情報があるわけでもなく、(二日酔いでもなさそう)
にミルクを入れたら」みたいに、簡単に言えちゃうの〜
もし飲むとしても、医師に相談もせずには飲めませんし、
前もその前の時も、今の治療でいいと答えたのに、まだ言うかぁ〜
 
これまで、医師と私が、どれくいらい慎重にかつ大胆に、
投薬について調整してきたか、全然わかってない、、、
というより、毎回診察経過を話してるのに憶えていませんね、全く。
目の前で私が倒れなくなって、すっかり安心しちゃってますー
ここらで一回、派手に倒れてやるかぁ〜

いよいよ心臓なのかと、あわてふためいて、
一階に設置されたAEDを取りに行くのが落ちじゃない?
(取り出すと、大通りで 鳴ります!  大騒ぎダジョ〜)
まさか、そっちのほうも忘れてるなら、アッパレです!

イイ人なんだけどねー 悪気もないんだけどねー
彼なりに心配してくれてるのも、わかるんだけどさぁーー
この不毛の会話のあとで、ハグまでしてあなたを送り出して、
私は、また発作のやり直しになって、、んがっ、耐えました。
父より先に、物忘れ外来に行かなくていいのか、あなた。。。

あなたの「お言葉の数々」が原因とわかって、泣きましたよ私。
一番わかっていてくれると思っていた「蜃気楼」が、消えてゆく〜〜
最も頼りにしていたつもりの「砂の城」が、崩れてゆく〜〜〜
なんでそこまで、おっちょこちょいなのよぉーー
何十代と続いた御先祖様に、異生物でも混ざってたのか?

お願いだから、しばらく、おとなしくしてて!
そりゃーあたくしも、決して立派な奥様ではございませんが、
多少の発作があっても洗濯して、部屋はできるだけ快適にして、
なるべくお気に召す を作って、お帰りをお待ちしますから、
変なことばっか言い出さないで、しっかり働け〜〜

PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんにちは。
男の人ってわかってるようで全然わかってないんですよね・・。

私も月に一度検査で医者に行ってるんですが、医者に行ってる間電話には出られないのでいつも不在があるんですよ。

「医者に行ってたから・・」っていうと

「何で?」ですよ。

いい加減覚えておいてくれい!!

普段健康そうに見えるけど実は疲れやすかったりするのよ!


花ごころさんも旦那さまのいないところでゆっくり休んでくださいね。
ばにら 2008/02/23(Sat)13:39:20 edit
花ごころからばにらさんへ
ホント、そうですよねー、
わかっているような顔してて、全然わかってないんですよねー
うちなんて今は二人だけだから、一番わかっていてくれるはずという幻想が、今回は見事に打ち砕かれました〜

思い起こせばその昔、風邪をひいた私が残って、朝から夫と息子だけで出かけて、夕方帰ってくるなり、夫は「なんで寝てるの?」と聞いて、息子が「お母さんが風邪って忘れたの?!」って言ってましたよー
今は、旦那を送りだしたら、家は私のサンクチュアリ〜 
寝ようがふてくされようが、自由ですわ〜
【 2008/02/26 09:43 花ごころ 】
案外
そんなものなのでしょうか。
我が家もたくさん会話があるのに、結局話を聞いていないのか、???ってことがあります。
ご主人は、辛そうな花ごころさんを見て、つい救○・・・って言ってしまったのかも。
全部を分かり合えるのって、難しいですね
kaze 2008/02/23(Sat)20:26:41 edit
花ごころからkazeさんへ
「全部を分かり合える」という美しい幻想は、遥か昔に失った私ですが、こればっかりは開いた口がくたびれそう、、
好きだからこそ、時々「兆ムカツク」ことがあります〜

1回目はCMを見ながらのお言葉で「うん、でも先生に診てもらってるから〜」と軽くお断りし、2回目はくつろいでいる時に「あれ飲めば治るかも(何も裏付けナシ)」発言で、「パ発作の今後の治療方針もあるし、心臓も毎回診てもらって、毎年ホルター(24時間心電図)検査を受ける予定だから、一般薬は飲まないよ。」とハッキリ断ったのですが、それらの会話を全く憶えてないそうで〜〜〜
まぁ適当に言って、返事もテキトーに聞いてるんでしょうねぇ

その夜「ニ度と『救○』の話はしない」と、こめつきバッタみたいになってましたが、また忘れて言い出すほうに、私は500円賭けます〜(安ッ!!)
【 2008/02/24 12:38 花ごころ 】
最近 思うこと
毎日 顔をあわせていても そうなら、、、
離れて暮らしてたら なおさら噛み合わないんだろうなあ。。。(こちらは、血の繋がった家族が相手ですが、ここ最近 友人とも似たような話が出たので)それぞれ 「個」ですから、
必ずしも気持ちがシンクロするとは限らないんですよねぇ。

魂の片割れって 身内じゃないんだなぁ
と 思う今日この頃・・・

eco URL 2008/02/24(Sun)01:53:36 edit
花ごころからecoさんへ
今日現在で「魂の片割れ」暫定トップの夫ですが、わかってるようで、肝心なことが抜けてたりと、すべてにおいて一心同体ではないですネ、当然だけど〜 でも私が抗議すると、目が点になって平謝りなので許せちゃうわけですが、、、(私は騙されてるのか、もしかしなくても〜
彼はパ発作なら、私がまたすぐ元気になると思っていても、「動悸」は突然死するかもと、多少不安になるらしいのですが、、、「救○」話は、もういいっちゅうーのぉ〜〜

自分のことを一番幸せにできるのは自分ですから、あまり他人に期待しないのも、長い人生では大事ですね。 
25年近く一緒でも、あくまで暫定ですから、お互い〜
【 2008/02/24 18:01 花ごころ 】
家族
そう言えば、神経過敏な母の神経を逆なでするようなことを父もよく言ってました。それでいつも妹の心臓バクバクさせてた事を思い出しました。

きっと心を許しあえていると思うから、つい言ってしまうのかも。。。
赤の他人だとそんな事も笑って聞き流せるんですよね。一番身近にいるとそうも行かないのでしょうか。
でも、やっぱり何も無いよりうらやましいですよ、そう言うのも。^^;
sake URL 2008/02/25(Mon)00:19:00 edit
花ごころからsakeさんへ
こんなに心を許した相手はないと、付き合った人は全て言うけど、「許し過ぎ=甘え」になって問題が起こった何人かが「過去の人」になったわけでして、、、、 夫も「こんなことしてたら、いつか捨てられる〜」と、ビビってます。
男友達なら笑って許せることも、夫だと近すぎて、時々 するんですよー! 夫だけには、遠慮なくものが言えて話しあえるという環境でないと、私は生きて行けない「生き物 」のようです。夕べも事件があったので、また書いちゃおう〜

でも反省のポーズだけはすぐにできるし( か!)
その後は、とっても優しいし(疑似DVでないの?)
次の日はおみやげ買って来るし( に弱い私〜)、、、、
結局「暫定トップ」の座は、なんとか死守してますねー
【 2008/02/25 10:08 花ごころ 】
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]