忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[332]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [323]  [322]  [321]  [320
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05/19丸石
昨夜の「グリーフ・ケア・ラジオ」
一策を講じ、聞きながらホットプレートで
チヂミと餃子を焼いて食事、という段取りに。
ケーブル接続で居間のコンポで普通に聞けるのがミソ)

リクエストコメントを、事前に見ていなかった夫。
だからあまり辛く感じないように、普段の夜のようにという、
私の小さな画策は外れました。手慣れた様子でコテを動かしながら
ゆきさんの声に、夫は泣きました。ぼろぼろと泣きました。
私が歩いて来た「悲しみの道のり」の、最初の頃のこと、、、、
決して初めて知った気持ちではないのに、いつも私の心の側にいたのに、
「胸に迫って、たまらない、、、」と、曲が流れる間もずっと、
チヂミにタレを塗りながら、ビールを飲みながら、彼の涙は止まりませんでした。

私は今たどりついているココで、前を向いて立っているからもう大丈夫。
男の涙味の料理、とってもおいしかった、、、ごちそうさま、あなた。
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんにちは
私はいつもラジオが聴けないので一回でいいから聴いてみたいなといつも思っています。松山にもあったらいいのにな。。。。。
でんでん虫 URL 2008/05/19(Mon)17:25:02 edit
花ごころからでんでん虫さんへ
ひとつの案ですが、この番組を放送しているSHANANA!FMのHPに、メッセージを送るコーナーがありますので、、松山でも流してもらう方法はないのかと、意見や希望を送ってみるのはどうでしょう〜 すぐには無理でも、そいいう「声」があるんだと、放送局に認識してもらえるだけでも、いいんじゃないかと思います。私の想像のつかないような問題も、いろいろあるとは思うのですが、全国のコミュニティーFM同士で、番組をやりとりしたりできることだって、あるかもしれません。

私は思い付いたら「ダメモト」でも構わないと、当事者に対して 「声」をあげることにしています。そうしているうちに、いくつかは、現実に叶うことがあるんです。思わぬことに発展して、人生が変わることだって、時にはあるんです。
失敗しても、何かを得ることが多いし、なんでも、やってみないとわからない、、、、そんなふうに考えています。(お調子者ともいう〜
【 2008/05/19 23:04 花ごころ 】
旦那様も
男性は女性より感情の表し方が下手だから
きっと旦那様も同じような悲しさを胸に秘めて
こられたので時に出す悲しみは胸に迫りますね。

悲しい経験だけど
味わいたくない経験だけど
息子さんによってお二人に生まれた
絆は紛れも無い事実だからとても美しいです。


nyao URL 2008/05/20(Tue)10:50:51 edit
花ごころよりnyaoさんへ
ビデオも一緒に見たし、あの曲もよくかけてたし、「今日、後ろ姿がそっくりの子を見てね、必死で追い掛けて顔を見たら、、、全然違ってたヨ」というようなことだって、いつも話していたのに、リクエスト曲とコメントという形になって流されると、彼の涙腺ダムは「決壊」してしまったようでした。
小さな泉のように、いつも流している私は、あの時は思いっきり泣こうと思っていたのに、、、先を越され過ぎて、全然泣けませんでした。トホ。

夫は私だけがいれば、自分の人生はもういいと言うのですが、その私が先にいなくなったらどうするのと、最近、意識的に日常生活の訓練を始めました、、、、しかし、これが全然ものにならない。。。最初からやり直しばっかし。当分長生きしないと〜  
【 2008/05/20 15:00 花ごころ 】
職場で
思わず泣いてしまいました。今日は私1人の出勤日で良かった・・・

花ごころさんが歩いて来た「悲しみの道のり」を思うと涙。それを聞いて涙が止まらないご主人を想うとまた涙・・・です。

最後にご主人への感謝と愛しみがあるところが花ごころさんらしいですね。
私も花ごころさんのような気持ちを持てるよう・・・反省します
kaze 2008/05/20(Tue)11:48:15 edit
花ごころよりkazeさんへ
また泣かせてしまいましたかぁ、職場で、、ゴメンナサイ 〜

ここまでよく、ふたりで来れたものだという何度目かの感慨に、あの夜も浸りました。
今も私と夫の間にはいつだって「息子」がいるのだと思います。
3人で過ごした日々の記憶が、私達をより強く生きられるようにしていてくれる、、、

な〜んて考えつつも、今夜はおつまみ何をつくろうか、めんどくせー、ちょっと小寒いから にしとけば、また作ってもらえてカンタン!、、なんてふうにも思ったりして、リアルな日常は、こんなものですから〜
【 2008/05/20 14:57 花ごころ 】
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]