忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

04/19オレンジ
昨年から一段と目が見えなくなり
母は遂に、簡単な料理もしなくなりました。
朝はパンと紅茶で、昼・夜は別棟から
兄夫婦が、温かい食事を運んでくれます。

なんとか、食器の洗い物と洗濯はしていますが、
午後は和室のおコタで、テレビと居眠りの日々。
父との会話も避けているので、刺激なさすぎ〜
週2回、ヘルパーさんと眼科に通うものの、
私もたまにしか行けないし、どうにかしないと、、、

 手を動かせば脳も働く

なるべく毎日、手先を使って欲しいし、
順番を考えるということも、脳にはいいので
千羽ヅルを一緒に折ろうと、提案しました。
母が、手探りで出来るところまで折って、
後は私が直しながらり折って、完成させるのです。
私の友達が平和行進に持って練り歩き、
最後は、広島のさる場所に収まるという目標も良かったのか、
母は「内職を始めたから〜」と、いぶかる父に説明してました。

先日、次の紙を持って行ったら、できるところまで全部折ったよと、
母は「作品」の入ったスーパーの袋を、自分の席の下からとり出し、
結構楽しそうに、日々「内職」に励んでいる様子でした。
なかなかダイナミックな折り具合ですが、家に持ち帰って
直しながら続きを折っていると、母の手の温もりが伝わり、
一緒にいられなくても、共に作業をしている感じがしてきます。

父が以前「わしは折り紙が得意だ」と言い出したので、
それなら手を動かしてと、本と紙を持って行ったら
「これも折れる、こっちも簡単だ」と言うだけで、
折ってみせてくれることは、一度もないままでした。
でもある時、折り紙の缶を見たら、くしゃくしゃの作りかけが、、、
うまくできない姿を、家族の前で見せたくないのでしょう。
カッコ付けなくても、今のありのままのお父さんでいいのに。

父も一緒に折ってくれたら、もう最高なんですが
「ひどい出来だ」と母を腐すだけで、手を出す様子はナシ。
いつか「仕方がないから俺が直してやる、俺も折ってやる」
となればと願う「リハビリ&夫婦仲修復作戦」の行方はいかに〜

どんな出来でも、ふたりで毎日手を動かしてくれれば、娘は嬉しい。
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ハンドメイド
の リレーですね

お母様の「やりがい=生きがい」が 見つかって よかったですね
お父様もプライドを捨ててやってくださると良いですね。

そう言えば 
私の父は 干支の折り紙を折っては、年始の挨拶で お会いした方々に 毎年差し上げていますので、
いつまでも 続けて欲しいですが、、、
最近は、自分に都合が悪いことに対しては、
「よく見えない」「耳が遠くなったから聞こえなかった」と 及び腰なのが ちょっと 困りもの。。。

相変わらず 毎日 母の病院に 様子見には 行ってるみたいですが。。。


eco URL 2009/04/19(Sun)22:51:35 edit
花ごころよりecoさんへ
いつもコメントを、ありがとうございます。

ecoさんのお父様の「干支の折り紙」素敵ですねー
私が父に持って行った本にも、いくつか干支がありましたが、なかなか複雑でしたよ。もらった方は、どこかにちょっと飾りたくなると思います。

病院に行くのも生活の張りになるかもしれないし、お母様にとっても、毎日温かい心に包まれて、お幸せだなぁと私は感じます。

私の父も、母が盲腸で急に入院したときには、「相手がいないから休戦状態だ」(そんなに闘ってたの!?!)と言いつつも、さすがに寂しそうで、退院後ほんのしばらく母にも優しかったらしいと聞いて、娘としてはホッとするものがありました。
仲良く暮したほうが楽しいと思うんだけど、、、両親といえども夫婦のことはわかりかねます。
【 2009/04/20 11:36 花ごころ 】
お母さま
素敵な「内職」ですね
鶴を折るのって、結構難しいですよ!それにチャレンジして、花ごころさんが手直し・・・
素敵な親子の連係プレーだわ我が家には程遠い夢です。

お父さま、こっそり折り紙をしてるところが可愛らしいですね。ウフフ
kaze 2009/04/20(Mon)13:08:09 edit
花ごころよりkazeさんへ
「内職」の材料は、なんと片面印刷の色上質紙のチラシなんですよー! 折り紙だと父が「こんなことにお金をかけて、、、」と言い出しそうで。いつも予防線張ってる自分も、ちょっと嫌なんですが、触らぬ神になんとやら〜

父の孤独は「みんな○○(母の名)の味方だ」という気持ちにありますが、そうさせている自分にほんの少し気付いてくれたら、、、でも無理だから、私はこういう「間接技」?を使ったりしてます。
ふたりが一緒に暮しているという現実の重み、それを尊重して、私の出る幕を考えるしかありませんね。
【 2009/04/20 13:56 花ごころ 】
無題
夫婦2人で。。。っていうのは子供にとってうれしいものですよね。
先日実家に帰ったときも2人であーだこーだおしゃべりしてるのを聞きながらうらやましくもあり。。
最近母が携帯を持つといいだし、いいじゃん~って思ったんですが、どうなることやら。。。70歳前にして、電話かけれるんでしょうか・・・
でんでん虫 URL 2009/04/20(Mon)20:05:41 edit
花ごころよりでんでん虫さんへ
70歳前なら、携帯どころか、パソコンを始める人も、この頃はいらっしゃいますよー
お母様から、携帯メールが来るようになるかも〜

絶対携帯は持たないだろうと思っていた友人も、独立した子供の勧めで使い始め「アドレス教えて」なんて言われて、驚くことがあります。あまり外に出ない私よりも、上手に使いこなしちゃったりしますから、侮れません〜
【 2009/04/21 05:58 花ごころ 】
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]