忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

06/07ひとつ雲
父の嫌いな、多少今どき風の服装で
実家に行けば、会うなり言われます。
あんまり、おかしな格好してくるな! 」

この歳で過激なはずもなく、少しラフなだけ。
まずブルーのデニムは、完全 御法度だし、
どんなにオシャレでも、黒っぽいものは顔を歪めます。

知らないの モノは言いよう〜  

逆に、父好みの奥様スタイルで出かけた時に、
もし「今日は綺麗だな、良く似合う」
とでも言ってくれたなら、(100%有り得ませんが)
私はできるだけ、父の喜びそうな服を選んで着て行くでしょう。
そして面倒でも、家事のしやすい服に着替えて世話をするでしょう。

流行に溢れた街を通って、乗り換えで数十分で着く父の家が、
会ったとたんの「お小言」で、私の心には遥か遠くに感じられます。
昔から誉めることを知らない人は、今「 とても孤独」だそうです。
なぜそうなるか、奇跡的に素直に聞き入れてくれるなら、教えてあげたい。

あなたが人に望むように、あなたのまわりの誰もが同じく、
嬉しい言葉、優しい笑顔、暖かい態度を求めている、、、
ただ、それだけのこと。
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
あ~~
>あなたが人に望むように、、、
 ↑ わかります!!
実母も、人には求めるけど自分は実行できないんですよまいります・・・

kaze 2008/06/07(Sat)09:33:18 edit
花ごころよりkazeさんへ
こういう方に限って、他人への要望や、自分を高く評価して欲しいと気持ちがひと一倍強く、まわりの扱いにいつも不満を言い散らし、ますます「避けられる」という悪循環を招いている気がします。自分はこうならないでいたいと願う「サンプル」と思って、私は観察してます。

私「真面目に一生懸命仕事をしてきて、私達を育ててくれて、今までできるだけの努力をして、何度も家も建て直して、人と比べなくても、立派な人生だと思うよ。」
父「そうか、そう思ってくれるかー」
私「うん、あとは一緒に歩いて来たお母さんを大事にして、仲良く暮せば、いうことないんじゃないの〜」
父「、、、、、、、、

あくまで「軽度認知症」ではないと言い張り、「恐いから」と、診察も拒み続けています。だったら、どんどん強くなって行く「頑固な性格」は、病気のせいにはできませんね。
衰えて行くことに不安がいっぱいなのもわかるけれど、「今、生きていられること」を、それでぶち壊しにするのは、もったいないと思います。
もうあまり時間はないのだから、自分の側にいてくれる「妻」をいたわること、少しは思い出せぇ〜!! 娘の叫び〜
【 2008/06/07 11:07 花ごころ 】
無題
言葉って難しいですよね。。。
でもデニムがだめって、私はスカートとかはかなくなってしまったし。
ほとんどジーンズですごしています。
うちはくすんだ系をいいますね、;;;それ汚れてしもて~~~~
これはこんなんなんですといってもわからない。
人のことはよくわかるんですよね~~
私はこれでも一日一日をなんとか。。。なんとか生きてるんだぁ~~~と。。。言ってもわかんないかもです。
でんでん虫 URL 2008/06/07(Sat)14:21:56 edit
花ごころからでんでん虫さんへ
言葉は素敵なプレゼントにもなり、時には凶器にもなります。

「たまにはスカート姿が見たいよ」と言われるのと、「ジーパンは履いて来るな!」では、すごく違いますものね〜
父は嫌いな食べ物が出て来た時にも、それを好きな人がいる前で「こんなまずいものをなんで出す!」といつまでも不機嫌、、、自分が食べなきゃイイだけのことなのに、食卓の空気をまずくする天才です。

私も、実家に行くだけで精一杯だった体調が、今はそれさえもだめになり、父から があると( でわかる)、さらっと終わらせようと深呼吸してから出てます。親不孝かもしれないけど、私も自分を守らねばならず、最低限の自己防衛策。
理解してくれなくてもいいから、あまり攻めてこないで〜  
【 2008/06/07 16:12 花ごころ 】
ドレスコード
自宅訪問に ドレスコードがあるとは、ある意味 凄いかもしてませんね(苦笑)

頑なな心をほぐすのは、年齢が上がるにつれ 難しくなるのでしょうか?

年齢だけ重ねても 心(思考)が幼いままの人も(先日の秋葉原の事件)いますしねぇ。。。

人の 心の中って、本人が成長しようとか自覚しないと 変わらないのかなぁ(自己啓発)
eco URL 2008/06/09(Mon)13:48:51 edit
花ごころよりecoさんへ
そうなんですよ〜 ベルボーイもコンシェルジェもいないのに、 並み?を要求されるんです。いっそのこと、ハンズで売ってるメイドの衣装で行こうかしらん。(父が泡吹きそう!)
父の全人生・全人格を否定するわけではないけれど、最近は対・身内限定で、どんどん人柄が崩壊し、まわりは皆、対応に苦慮しています。
もし、認知症だとしても感情は残るといいますが、皆に優しくされても感謝より文句になるのは何故なのか、、、やっぱり完璧主義で支配的で頑固な性格ってことに落ち着くんです。。。

「俺の言う通りにしろ!」という時の顔や声の調子、自分の家にいても思い出すと発作が起きそう〜
【 2008/06/09 14:32 花ごころ 】
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]