忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10/03花
預っていた弟子が、亡くなった、、、
これからという力士が、命を落とした、、、

いったい、何があったのかだとか、責任はだとか、
それも知りたいけれど、根底で驚いてしまうのは、
親方も理事長も、身近かにいた・同じ組織にいた、
「身内」だったはずのひとりの青年を失った悲しみが、
言葉からも態度からも、私には全く感じられないのです。

この事態に、社会的に動いているだけの、
もしかしたら、自らの保身に夢中の人達の間で、
何度も写される青年の姿が、私にはあまりにも悲しい。

自分の命を守る為に、どこまでも逃げても、良かったのに。
生きていることが、一番大切なのだから、
どうにかして助けてあげられたらと、心が痛いのです。
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
悲しい事件です。
何度も脱走したから・・・
だから死に至るほどの稽古(?)をしたとか。
自らの手で、金の卵を壊してしまった親方は、今何を感じているのでしょうか。

親方を信頼して大切なわが子を預けたご両親を思うと切ないです。
亡くなった力士さんを思うと、無念で仕方ありません。こんな事件が二度と起こらないよう祈るばかりです。
kaze 2007/10/03(Wed)11:25:16 edit
花ごころからkazeさんへ
なぜ、何度も脱走したのか、、、
そこに何か「大きな理由」があったはすだと思うのです。たくさんの人が見ていたはずなのに、誰も「これはおかしい、行き過ぎている」と思わなかった感覚、それが一番恐いと思います。

「もどったら、殺されるかも知れない」と身の危険を感じていたらしい本人の言葉、、、、私がもし彼と同年代で友達だったら、「夜回り先生」に電話して救いを求めたかも。
これは入れ物が違うだけで中身は「時間をかけたリンチ殺人事件」のような気がしてなりません。
【 2007/10/03 12:47 花ごころ 】
まったく
ほんとですよね。
脱走した理由を聞けば、もっと違う解決法があったはずだと思うのに、暴力で封じようという風にしか見えません。そんな社会にこれから誰が子供を渡しますかと思います。

リンチを稽古と言うなんて。。。よく虐待している親が「これはしつけ」と言っているのと同じような気がして腹立たしい。
ひとつ☆! 2007/10/04(Thu)06:43:29 edit
花ごころからひとつ☆!さんへ
本当にひどい話ですよねー
今日の情報では、その場にいた若い力士が、親方から口封じを命じられ、真実との板挟み状態に苦しんで、あの部屋から去ったそうです。きっとあの親方も、一生懸命稽古して精進して、そして親方になったはず、、、
いつから「守るべきもの」を間違えていったのでしょうか。

世の中には、権力や地位や財産を得たばかりに、道を(心を)誤る人のなんと多いことか〜 花や雲を見て、幸せを感じられるなんて、私はかなりラッキーな部類だと思わなくっちゃ!!
【 2007/10/04 11:08 花ごころ 】
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]