忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[428]  [427]  [426]  [425]  [424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12/16赤い葉
亡き義母が作っていた*そうめんかぼちゃ
思わぬお店でみつけて、買い求めました。
懐かしいなぁと洗っていたら、涙が。。。

義母「種切れしたから、今年から作れないよ」と
ある夏以来、食べられなくなったんです。
売っているのを、見たことがなかったので、
大好きだった私は、とっても残念でした。
「そんなに気に入ってたのかねー」という義母の声が思い出されます。

夫はこの種を、会社の菜園にまいて栽培すると言い出し、
来年からはうまくしたら、沢山食べられるかも知れません。
お義母さん、安心して下さい。末っ子(夫)は、なかなか頑張ってますよー

    〈*リンクフリーのおるがん社さんの説明をお借りしました〉
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
そうめんかぼちゃ
こちらでは『糸瓜』と呼んでいますよ
我が家は義母の実家で作っているので、貰う係りです
しゃきしゃきの食感が美味しいですよね。
食べ物や、匂いで特定の思い出がよみがえる事がありますね。
花ごころさんがお義母さんを思い出して涙しているのを、お義母さんは見ていられると思います。

kaze 2008/12/17(Wed)09:28:53 edit
花ごころよりkazeさんへ
『糸瓜』とは、とっても感じがでてますね〜
昨日もマカロニとセロリとあえて、シャキシャキ食べました。
夏のものだと思っていたけど、まだ売っていたんですよー
あの素麺風になる時がユニークで、初めての時は義母がやってみせてくれたのですが、驚いたのなんのって、、、、

「今、こういうもんがたくさんとれたけど、ほしいもんあるかね?」と冷蔵庫が寂しくなった頃にちゃんと電話してくれた声、懐かしいです。今は 義父が私達のために、せっせと送ってくれます。都合の良い時だけ甘えていた「嫁さん」の私ですが、義母とは不思議と気が合うところがありました。
【 2008/12/18 10:59 花ごころ 】
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]