忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03/12ガーベラ
亡き人が、何を思っているのはわからないけれど、
でも、皆が元気な顔を見せてくれて、
そしてもしかして、その様子が届くものなら、
お義母さん、これでいいんですよね。

寒さの中、人が集って、今ある「生」を確認して、
そしてまた、それぞれの生活へと散って行きました。
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
そうですよね!
花ごころさん こんばんは!
”法事”っていう文字に過剰に反応してしまう私です。
>今ある「生」を確認して
そんな日でありたいと、願いつつ、そこまで、
冷静でいられるか不安な気持ちでいます。
もっと、強くならなければいけませんよね。
うちママ 2007/03/12(Mon)21:16:37 edit
花ごころからうちママさんへ
義母の三回忌が終わり、ほっと一息ついてます。
一周忌を親知らずでスルーしたので、2倍のつもりで
猿まわしのように動いてきました〜 ちかれた!

結局、 だと、バタバタして、
ゆっくり思い出に浸っている時間なんてなくても、
それぞれの胸のうちに、義母はいるんでしょうね。
私がそうであるように〜
花ごころ URL 2007/03/13(Tue)10:40:26 edit
先月
我が家も法事をしました。
主人の祖父13回忌です。去年は義父27回忌だったようですが、家族は忘れてしまい、今回『ついで』にお経を上げてもらいました。(ごめんなさーい!!)
私はその2人の事を、家族の話と遺影でしか知らないのでお経の間、実際会っていたらどんな印象だったんだろうと思ったりして。
思いを馳せる良い時間でした。
kaze 2007/03/13(Tue)13:18:06 edit
花ごころからkazeさんへ
ご主人様のお祖父様は、息子さんを先に亡くされたのですね。
さぞや、お辛かったでしょうに〜

こればっかりは、年齢順でも、希望順でもないとは思いつつ、
私の世代だと、これから葬儀と法事があちこちであるわけで、、、
残される者は、どんどん忙しくなりそうです。
うーむ、もうひとつ、黒服買おうかと思ったりしますが、
自分が長生きしないと、 元が取れません。。。 トホホ
花ごころ URL 2007/03/13(Tue)15:04:13 edit
そうなんです・・・
>お祖父様は、息子さんを先に、、、
お祖父さんは、相当落胆したそうです。義父は生まれつき体が不自由だったそうで、タダでさえ本家の長男で出溺愛されていたにもかかわらず、不治の病に倒れ、義母は10年間看病、子育て、仕事に追われていたそうです。大変辛かったでしょうに。だから私にとってもやさしく接してくれるんだと思います。
主人は『親父の口癖は、良い子に育ってくれ』と『大学は絶対出る事!』だったといっていました。その言葉通り、見た目、ヤンキー兄ちゃんだった主人は勉強だけはがんばって、大学進学し、卒業したそうです。
残されたものは、先に逝った人の意思を継いでがんばる事が使命だと主人は思っているようです。
私的なことばかり書いてスミマセン
kaze 2007/03/13(Tue)15:25:18 edit
花ごころからkazeさんへ
そうだったんですか〜〜
お義母様は、とても苦労されたんですね。
辛い事を乗り越えて来た人は、他の人の苦しみがわかるとか、
思いやりが深いといいますが、まさに、そのとうりの方ですよね。

私もそんなふうになれたらと思いつつ、いじわるされたりすると、
人を恨んだりして、、、、まだまだ修行は続くのでありました〜〜
花ごころ URL 2007/03/13(Tue)15:41:08 edit
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]