忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03/19チャービル
父の昔話・自慢話・お説教を聞かされて、
少々うんざりしながら、ふと考えてしまいました。
私は幼い日に、愛されて育ったはず、、、
でも、次第にわがままで頑固になる父を、
私は今、愛しているのだろうかと。

いろいろな軋轢はあったけれど、
私はもう、すっかり自分の人生を歩いていて、
次第に一人の人として、父を見ている部分があります。

時には少々醒めた気持ちで、あるいは、あきらめの気持ちで。
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
すぐ目の前のような!
お父上様との関係、色々あるんですね。   
うちの父親は、年老いて穏和に変わってくれ、少し痴呆気味の母を支え、お互いが思いやりあって、二人暮らしを続けています。
二人の姿に、微笑ましくもあり、羨ましくもあり、自分の目標でもあります。
「老後」どんな準備しておけばいいのかな~~
うちママ 2007/03/19(Mon)12:40:23 edit
すごい!
花ごころさんの言う、>次第に一人の人として、、、
この気持ち、わかります!!上手く表現できないけど、似た感覚を母に持っています。子どもの頃は両親は絶対的な存在だったのに、成人した今『こんな人だったっけ?』と思う事があってびっくり。
でも、やっぱり両親なので、それを受け止めるしかありませんよね。はぁぁ~~
kaze 2007/03/20(Tue)11:50:53 edit
花ごころからうちママさんへ
私も、うちママさんの御両親のような姿を、自分の両親に期待していたのに、
どんどん反対になっていきそうで、ちょっと恐い〜デス。
それでも、やっぱり親は親、、、、
自分ができることはしておきたいと、勝手に思っていますが、
ちょっと心の距離をおかないと、疲れて果ててしまいそう~
花ごころ URL 2007/03/20(Tue)16:52:42 edit
花ごころからうちkazeさんへ
親は良く悪くも、、あらゆる姿が子どもにとって、
貴重なサンプルになるのだと思います。
だから、しっかり見ておくことが、子どもの義務、、、
な〜んて思うと、ちょっと気が楽ですけど。

昔は私が保護される側だったのに、今では、ほとんど逆転しましたね。
残るのは心の面での、子どもへの支援だと思うのですが、
この頃「親心」を感じるのは、むしろ夫の親なんですよ。トホホ、、、
花ごころ URL 2007/03/20(Tue)17:09:02 edit
妹も・・
あ!妹も同じことを言っていました。
親心を感じるのは、あちらの両親だと・・・。

私はそう思わないで済む程度の浅さでつきあっていますが。。。
デイケアとか連絡帳まであって、本当に幼稚園の送り迎えみたいなんですよね。

親の問題って大きいですよね。。やがては私もそうなるんだけど・・・今でもかなりボケてますからね。怖いです。
ひとつ☆ 2007/03/21(Wed)22:26:48 edit
花ごころからひとつ☆さんへ
そうなんですよねー、多少距離があるほうが、
心配してくれたり、気遣ってくれたりで、ありがたい事があるんです。

母は私の体調が悪いと、大丈夫かと聞いてくれますが、
父はがっかりするのか、「なんじゃぁー」なんて言ったりします。
いろいろ面倒みるのも、体力勝負で疲れるんですよ〜
花ごころ URL 2007/03/22(Thu)14:35:49 edit
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]