忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

07/31上の雲
確かに愛された記憶、、、
さかのぼれば、祖父に辿り着きます。

会ったとたんに、抱き上げて、
いつも頬ずりをしてくれて、
おヒゲが、とっても痛かった〜

父が一度もしなかったことでも、
祖父がしてくれれば、よかったのです。
どんなおまけも必要としないで、「私」を愛してくれた時間が、
今でも心の栄養源になっていることに、ずっと感謝しています。
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
私も!
私もおばあちゃん子だったんですよ。

学校に上がったばかりの頃でしょうか?祖母が2泊の老人会の旅行に行くと聞いて、ずっと泣いた事がありました。
両親の旅行でそんなに泣いた事はありません。子供の頃って、ちょっとした事がすごく悲しかったりしたものですね。
ひとつ☆~~~ 2007/07/31(Tue)21:57:22 edit
花ごころからひとつ☆〜〜〜さんへ
大好きな おばあちゃんが、2泊もいないなんて、
きっと考えられなかったんでしょうね〜、かわいい!

子育ての責任を負っている両親に比べて、
どんだけ〜でも、たっぷりと甘えさせてくれた祖父母は、
今思い出しても、ありがたくって、大きな存在でしたよね。
(でも思春期の頃になると、ぷっつり行かなかったけど、、、)

祖父の最後はモノが言えなくなっていて、遠方から見舞った私が「おじいちゃん、私が来て嬉しい?」と聞くと、、
大きくうなずいてくれて、思い出すと泣けます〜
【 2007/08/01 13:14 花ごころ 】
私も~
花ごころさん こんにちは
私もお嫁に行くまで、ずっと同居してたおばあちゃんに、いっぱい甘えさせてもらいました。確かに思春期の頃は、かわいい孫ではいられなかったけど~(汗)
亡くなる間際に、目も見えくなってて、他の見舞い客に「○○(私の名前)が来たんか~」って、私が来るのを楽しみにしててくれたんです。思い出すと涙が出ます。
うちママ 2007/08/01(Wed)11:54:19 edit
花ごころからうちママさんへ
おばあ様はうちママさんに、会いたくて、会いたくて、
しかたなかったんでしょうねぇ〜

晩年のころの祖父に、この頃会いたいと思うのは、
私が、歳をとったせいでしょうかー
お墓にもあまり行かないくせに、不思議と
一日に幾度も、思い出しているんですよー
【 2007/08/01 13:31 花ごころ 】
うらやましいな。
父方の祖父も母方の祖父も早くに亡くなり
父方の祖母は厳しい人で孫を可愛がるような人ではなく
母方の祖母は孫よりまず自分の子供たち(母や叔父)を可愛がる人で
私はあまりお年寄りに甘えた経験が無いのです~~。
そんなんで両方のジジババ達に可愛いがられている娘を見るとちょっと
羨ましかったりします!
ラヴェンダー 2007/08/01(Wed)17:29:38 edit
花ごころからラヴェンダーさんへ
そうですよね〜、いろんなケースがありますよね。
W祖父母に愛されているお嬢さん、確かにうらやましい〜〜

私は両親、特に父が、甘やかすことを極端に嫌う人で、
祖父の存在は、亡くなって30年近い今でも、心強い味方です。
ああ言ってくれた、こうしてくれた、、、と、小さなことでも、
思い出す度に、嬉しくなって元気が出ます。
誰でもいいから、確かに愛されていたという記憶は、生きて行く上で、とても大切なこと・励みになることだと思うんですよ。
【 2007/08/02 11:59 花ごころ 】
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]