忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[145]  [144]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05/25デージー
あぁ、この歌、いいんだよねぇ〜〜
と思った瞬間、自分の携帯だと気がつきました。
定時にお薬を飲むことになり、
携帯に入れた曲を、アラーム音に設定したことを、
すっかり忘れて、外出したのです。

行き交う人の中で、ひと節歌ってくれた直太郎君、御苦労さまでした〜
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
あるある~
アラーム音用にいくつかダウンロードした曲、たまにしか使わないせいか本気で「何処で鳴っているんだろう?」って思ってしまいますよでも、お気に入りの曲はやっぱりいつ聞いても好きだな~と感じます。
自分でセットしたのに得した気分です
にゃんべり~ 2007/05/25(Fri)21:05:02 edit
お薬の時間を
アラーム設定しているんですね。私もうっかり忘れて聞きほれる事がそのうちあるかも!
ちなみに、私の携帯メールの着信音はサントリーオールドの曲です。(ダウンロードできないので自分で手打ちで打ちました)

ひとつ☆ 2007/05/25(Fri)21:06:00 edit
花ごころからにゃんべり〜さんへ
ありますか〜〜! 
私よりだいぶお若いのに、なんと心強い!!

私は数曲しかしかダウンロードしていないのですが、
人の携帯から、初期設定で入ってるような音がすると、
「あれっ、私かな!?」って反応しちゃうんです。
このあたりは、やっぱり歳だと思いますが、、、、
花ごころ URL 2007/05/26(Sat)09:48:50 edit
花ごころからひとつ☆さんへ
アラームって、外泊したときも目覚まし として使えるし、
忘れてはいけない時間を、セットできて便利です。
タイマー機能もあったらいいのに〜(もしや、ついてないのは私のだけ?)

手打ちって、今の携帯でもできるのですか!!??
(10年くらい前に初めて持った携帯で、一時手打ちに、はまりました)
サントリーオールドの曲って、もしかして、あの、
ダンダンディドン、ディンドンドン、ラリーラ、ラーリラ〜〜
ですか?? すごく古いんだけど、良く御存知で、、、、
それとも、最近は、新しいCMソングあるのでしょうかー
花ごころ URL 2007/05/26(Sat)10:14:21 edit
そうそう!
たぶん、その♪ダンダンディドン~です。(それでよく通じるな~)
この前スーパーのお酒コーナーで流れていたので、懐かしく思って一生懸命思い出しながら手打ちしてみました。
ビミョウに違うかもしれませんが、興味があったら、携帯メールでお送りします~♪
ひとつ☆! 2007/05/26(Sat)22:57:02 edit
花ごころからひとつ☆!さんへ
手打ちうどん、じゃない、
手打ちソング、お言葉に甘えて、ゴチになります〜
花ごころ URL 2007/05/27(Sun)11:39:46 edit
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]