忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゼラニュウム
同年代の人が亡くなられると、
自分達の行く末を考えてしまいます。
夫はひとりになるのは耐えられないから、
自分が先のほうがいいと、言い張ります。

「そうなったら、後で必ず再婚しなさい」

う〜〜ん、そう言われてもねぇ、
運良く「希望順」になったとしても、
80過ぎてたりしたら、かなり厳しいと思うんだけど、、、
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
どっちが先か・・・
うちの父を見ていると、「やっぱり男の人が残ると淋しいなぁ」と思います。
だからご主人は花ごころさんが一人になってしまったら、どんなに淋しいかと思うんですね。

なんて言いながらお二人とも100歳まで生きて金さん銀さんみたいに夫婦でなってしまうかもしれませんね。^^
ひとつ☆ 2006/10/25(Wed)21:34:38 edit
*花ごころからひとつ☆さんへ
どっちが残っても寂しいには違いありませんが、
身の回りのことが自分でできる女の人のほうが強いみたいですね。

私が100歳近くなるということは、、、、
ひとつ☆さんも80歳近くなっているということです。
お互い、まだPCがいじれるといいですよねー
花ごころ 2006/10/25(Wed)22:10:24 edit
わんこ
昨夜旦那と私も話をしていました。
そして一つの案が☆
それは犬を飼おうということです。
今は子ども達もまだ手がかかるので無理ですが、お互いがトシを重ねたら大きな穏やかな犬がそばにいるといいね~なんて話していました。
それから私も再婚もOKだと思います!
かりん 2006/10/27(Fri)23:56:08 edit
*花ごころからかりんさんへ
かりんさん、ここではお久しぶりです。
コメント、ありがとうございます。

私はもし、ひとり残されても、
本当は、もう再婚(再々かな)なんてしたくない気もします。
もし、また先に逝かれたら、たまらないし、、、
でもそう言いつつ、速攻でしたりして〜
犬でも人でも、人生は相棒がいるほうが嬉しいですね。
花ごころ 2006/10/28(Sat)10:22:04 edit
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]