忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[94]  [92]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02/11窓辺
ここ数年で、まわりで色々な方が亡くなりました。
中には、とても歳が近い方もいるし、
家に帰ると奥様が倒れていたというケースもあり、
私の中にも、少しずつではあるけれど、
リアルな "覚悟" が、生まれつつあります。

「もしかして『今』そうなっても、私は満足だろうか」
そう考えて暮していると、大切なことが見えて来ます。

さぁーっと! 取り敢えず、できるだけ部屋はキレイにしておきましょうか。
わたしがいても、いなくても〜
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
リアルな覚悟
私はまだ、亡くなられても親世代なんですよねぇ。。
ボケの覚悟は少しづつしてますが、命の方のリアル感はないのが現状かもしれません。

「子供が自立したらいつでもお迎えくださいよ」と言う気持もありますが、やはり、それとリアルな覚悟とは違うもののような気がします。
ひとつ☆ 2007/02/12(Mon)09:02:47 edit
花ごころからひとつ☆さんへ
ひとつ☆さんの歳のころには、私もこんなこと全然考えませんでしたよ。
「死ぬのは恐い」し、身内でも「遺体を見るのは恐い」し、
自分には「死」は当分関係ないことだと、思い込みたかったんです。
でも人って、こんな風にも変わるんですよ。

「もしかして、これがそう? 今から一人で旅立つの?」
先日、過激な運動後に、一時的な低血圧に陥ったらしく、、、、
気が遠のいて行く時、、身体を守ろうとソファーにダイブしながら、
「脳の血管が切れたかもしれない、、、」なんて考えてましたよ。
ひどく気分の悪かった20分間も「しかたないな、これも運命」
と、ハァハァしながらも、結構安らかな心でした。
「○○さん、こんな感じだったの?」って、先輩がいるし〜
偶然お部屋が綺麗にしてあって「良かった!」とも思った私。

それから毎日血圧を計ることになってしまいました〜
(生きて行くって、大変なことですね〜〜
花ごころ 2007/02/12(Mon)09:31:32 edit
まだまだです。
花ごころさん こんにちわ

私も昨年より《死》を身近なものとして、捕らえるようになりました。
でも、その瞬間とかその日のためにとかを考えるまでには、至っていません。

まだまだ、「怖い」って気持ちの方が強くて。。。先輩方がどんな気持ちでその時を向かえたのだとか。。。。

日々リアルな覚悟が近づいているのは、確かなのですよね
うちママ 2007/02/12(Mon)10:45:51 edit
花ごころからうちママさんへ
遺った夫が困らないような準備も、少しずつ進めていますが、
私が先とは決まっていないし、取り敢えず最低限デス〜

「立つ鳥後を濁さず」にしたいけれど、「イタチの最後っ屁」みたいに、
変なものが、ぞろぞろいっぱい出て来て、
皆を困らせる可能性だって無きにしに有らず〜
花ごころ 2007/02/12(Mon)18:34:35 edit
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]