忍者ブログ
ADMIN
〜 小さな言葉の花束が、どこかのあなたに届きますように 〜 (SINCE 2006/9)
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

流れる雲
私が大好きだった年上の女性が亡くなったと
昨夜、悲しいFAXが届きました。
ずっとお会いしていなくても、
機会があれば会えるから、、、
そういう気持ちも、もう持てないのですね。

多くの人に紛れて、そさくさとお別れするのは苦手です。
いつも、虚しさだけが残るのです。

だから私の方法で、精一杯の長いお別れをしたいのです。
日々の暮しの中で、笑顔を、言葉を、しぐさを、匂いを思い出し、
私もいつかと、空に向かってお話します。

さようなら、そしてまた、どこかで。
PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
確かに
>多くの人に紛れて、、、
分かります、その気持ち。

大好きだった方の葬儀で、私の前列の男性が居眠りしていたときは背後から首を絞めてやりたい気持ちになりました・・・。
ああいった席は、結構興ざめがするものですね。本当になくなった方を大好きだった人々が集うわけでもないので。
やはり、事あるごとに思い出しています。あの時ああ言ってたなぁ~とか。
kaze 2006/10/17(Tue)15:53:14 edit
*花ごころからkazeさんへ
全く、葬儀ってなんだろうと、考えてしまいますよね。

遺族のほうも忙しくて、ゆっくりとお別れが出来なくて、
いったい、これって、なんの為なのって、、、、

一晩、家族だけで亡骸となった人と過ごして、
そのままそっと、焼き場に行きたかった、、、
私は息子の時にそう思って、後でずっと泣いていました。
急なことだから、駆け付けて下れた親類も疲れていて、
それも、とても申し訳なくて、よけいに辛いし、、、

最近、家族だけで見送る火葬だけの葬儀(直葬)が増えたと聞いて、
とってもわかる気がします。
花ごころ 2006/10/17(Tue)16:12:35 edit
TRACKBACK
trackback URL:
過ぎゆく時の中で

今見ているのは

これまで訪問してくださったのは

人です。
今日という一日
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ 無料.com
私について
HN:
花ごころ
性別:
女性
自己紹介:
名古屋市内で夫と暮す50代。
今を生きる[私]から[あなた]へ、気の向くままに思いをのせて、花びらが風に吹かれていくような、そんなことばのおたよりを綴ります。

★リンクやお気に入り登録は御自由に。すべての記事と画像(テンプレート、YouTubeのはめ込み以外)は、オリジナル作品です。無断使用・転載・引用は、御遠慮ください。
最新コメント
★過去の記事にも、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
アーカイブ
★月別アーカイブが、10ヶ月分しか表示されませんので、アーカイブの最古の月に行き、そこのカレンダーで、前月の数字部分をクリックして、2006/9にさかのぼってご覧下さい。
ブログ内検索
もう一度読みたい記事の、記憶にあるキーワードを入れると、たどりつけます。
バーコード
フリーエリア


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]